# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< うつわとごはん yorimiti | main | ブログを開設しました。 >>
# & Works 26週目



靴専修コース「& Works」、26週目はローファーの製作と靴型削り(2足目)に入りました。
パンプスa、b、外羽根、モンクストラップ、内羽根、モカシンときて7つ目の課題ロファー。4月からはじめて(夏休みをはさみ)だいたい毎月1足ずつ新しい靴をつくっているペースです。
新しい靴をつくるというのは、まずパターンの描き方から勉強します。パターンが描ければそれを型紙におこし、試作をつくり、試作のフィッティングチェックをし、型紙修整、そして本製作へと入ってゆきます。それらの製作と並行して、オリジナルの靴型を1足削り、ドイツ整形外科靴の知識と技術を用いたインソールのつくり方を学び、靴修理の実習なども行ってきました。靴や革の見本市、工場見学なども行ってきました。生徒さんにとってはこの8ヶ月はかなり靴漬けの日々になっているのかな、僕も一緒に靴漬けになっている日々です。

そんな「& Works」1期生も来年の3月には卒業。卒業後の進路をどういうふうに描いているのか。確か前回の定期面談のときもそんな内容でした。面談をしながら、来年の僕自身はどうやってゆくのだろう?とぼんやりと考えていました。
今年7月に息子が生まれました。それによって妻が育児に専念して、しばらくは僕ひとりでいろいろなことを切り盛りしてゆくことになりそうです。最初は単純に作業量が増えて大変だ!と思っていましたが、大変だ、困ったな、と地に足つかずふわふわとしていた気持ちをぐっと引き止めてくれているのが息子の存在でした。息子は日々、小さな成長をしていて、あまりに小さな成長だから首が座ったときや寝返りをしたときくらいしか気づけないけれど、そんな息子の変化が大きな励みになっています。
また、そうやって身近な息子の成長を目にすると、どこかで忘れていた自分自身の成長へも意識がゆくようになりました。靴づくりの勉強をはじめた頃から約8年、日々の業務に追われているとなかなか気づきませんが、改めて「成長」ということばを用いて振り返ってみると全然靴をつくってきた感じがしないなというのが感想です。いつものように理想の自分は現実の自分よりも何歩も先を行き、それを踏まえたとしてもあまりに現実の自分の歩みの遅さに愕然とします苦笑。来年は理想の自分を地に足つけさせて、一方で現実の自分をぐっと一段引き上げるような、そうやって理想と現実の自分をじっくりチューニングするような、そんな1年になりそうな予感があります。今年の4月から靴専修コース「& Works」をやってきて、自分の知識が心もとないなと思うこともありました。生徒さんには正直にそういうところはわかりません、と伝えてしまいますが、それが僕が勉強しない理由にはならないので、具体的にはそのへんからはじめてゆきたいなと思っています。なにかそういうタイミングなのか、「& Works」2期生の応募は今のところなく、靴づくり教室の申し込みも落ち着いてきているので、ゆるやかに自分自身の靴づくりに向けて舵をきっているところです。もちろん年内は予定通り「& Works 2期生」の申し込みは受け付けています。靴づくり教室も同様です。お申し込み受け付けています。



靴づくり教室 http://cokokorone.jp/shoesmaking/shoeschole.html
靴専修コース「& Works」http://cokokorone.jp/shoesmaking/andworks.html

 
| comments(0) | - | 16:26 | category: 靴専修コース「& Works」 |
# スポンサーサイト
| - | - | 16:26 | category: - |
コメント
コメントする