# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 赤ちゃん靴をつくるワークショップ、終了しました。 | main | 道具の“さや”をつくる会、開催します。 >>
# & Works 18週目




靴専修コース「& Works」18週目は、型紙が完成し、本番の革の裁断、ミシンがけ、つりこみ、芯入れがはじまりました。
今回つくる靴に使う革は生徒さん自身が仕入れてきた革を使います。革の仕入れには失敗が付きもので、お買い得な革があって買ってきて、いざつくろうとしたら革がつりこみ時に伸びすぎてしまうものだったり、裂けてしまうものだったり...ということは誰もが最初は経験することです。でもそういった経験から革を見る目を養ったり、信頼できる業者の方と知り合うことが大事です。靴づくりの教科書では「靴に適した革を使う」という一行で片付けられてしまうことを自分の経験を持って意味付けしてゆくことが自分で靴をつくることの醍醐味です。

「ずっと前から自分の手でつくることを仕事にしたいと思っていました」という生徒さん......今の作業の先に続いている5年先、10年先をどんなふうに思い描いているのかなぁ。

 
| comments(0) | - | 12:40 | category: 靴専修コース「& Works」 |
# スポンサーサイト
| - | - | 12:40 | category: - |
コメント
コメントする