# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 没 頭 し て し ま う ほ ど 好 き な こ と | main | vol.4 >>
# 卯月の街 国立

松たか子が主演した映画「四月物語」(監督:岩井俊二)

その舞台となったのが、国立市です。

国立市は東京の西の外れ。

新宿から中央線に乗って40分の場所に位置する瀟洒な街。

国立駅南口からまっすぐに伸びる大学通は

春には満開の桜で覆われる。

まだまだ寒さがのこる2月頃

シンガーソングライターのupoluちゃんという19歳の女の子の

PVを撮ろうという話がありました。

学校からの旅立ちをテーマにした自叙的な歌には、やっぱり校舎が似合う。

そして、それには桜しかない、と。

そう思った私の脳裏にいちばんに浮かんだのは

映画「四月物語」の桜舞う国立市の風景でした。

そんな訳で今月の東京さんぽは、

upoluちゃんのPV撮影のOFFショット満載の

国立市です。

撮影のロケ地である一橋大学は

国立市の真ん中に位置する小さな大学。

訪れた日は、春休み中の休日ということもあり

大学内に学生らしき人影はほとんどありません。

代わりに、校舎内をゆっくりと散歩をする国立市民の姿が目立ちます。

決して広いとは言えない、こじんまりした敷地の中に

講堂をはじめ図書館や校舎など、歴史を感じる建物がぎゅっと詰まっています。

そして桜、桜、桜。

校舎の桜は、いまが盛りと咲き誇っています。

風がそよぎ、花びらを散らす姿にしばし見とれる。

グラウンド、校舎での撮影を終え、最後は満開の大学通へ。

あと数日もすれば駅から大学へ伸びるこの道を

新入生たちが歩くのでしょう。

私たちも、スキップ!スキップ!

追伸

この日撮影したupoluちゃんのPV、公開中です。

ぜひ一緒にご覧ください。

| comments(0) | - | 17:20 | category: エッセイ:家子史穂, 東京 |
# スポンサーサイト
| - | - | 17:20 | category: - |
コメント
コメントする