# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< kiki's note #04 | main | 12月の足と靴の日 >>
# いつも 健全で あるように



もうじき、エッセイを書き始めてから365日目が 近づこうとしている。

今年は、あっという間だった。

日々の暮らしを 逃さぬように エッセイに 書き留めた。

そんなに書くことがあるだろうか と思っていたが

ひと月ごとに ネタは尽きぬものだな と我ながら 驚いている。

今月、若田光一さんが宇宙飛行士として日本人で初めて船長となって

今回は アイソン彗星の撮影に 成功したそうだ。


宇宙ステーションは1秒で32kmすすみ、一時間半で地球を一周する。

三時間で二周(二日分)、つまり私たちが地球上で1ヶ月過ごしている間に、

宇宙ステーションの若田さんは、15ヶ月過ごしているような感覚で過ごしていることになる。


なんだか時間のゆがみが訳分からなくなってくるが

同じ時間を、地球の外でそのように過ごしている人が存在している。

ルートを少しずつ変えながら、今日もぐるぐる廻っている。

宇宙の星々の磁力・引力が ある日とんでもなく遥か彼方から

アイソン彗星を 太陽まで引き寄せた。

だが どの引力かが働いて、研究者たちの予測以上に近づいて、

あっという間に ジュワッと 消滅してしまったのである。

長い尾を引く彗星をこの肉眼で見られなかったのは残念だったが。

規模は小さいけれど、また新しい彗星が近づいているそうだ。


ふと、風邪をこじらせた私に また面白い話が耳に入ってきた。

人間の身体を形づくる 全細胞は 60兆個。

そのうちの7000億個は毎日、新陳代謝で入れ替わっている。

7000億も!

細胞レベルで話すと ひとりの人間自体が 宇宙の惑星のように 思えてくる。

彗星のごとく 病原体が 忍び込んで  優秀な 免疫隊が 闘っては 入れ替わっていく。

ぶつかって あるいは 蒸発して 消滅する。

私たちが口にするものを糧に

肝臓では 死んでしまった細胞が また新たに生まれ変わっていく。

心臓が動いている限り 細胞は生と死を繰り返している。

小さなこどもも 青年も 歳をとっていても みんな同じ。

臓器によって細胞のサイクルは違うそうで、

皮膚は 約一ヶ月、腸の細胞は なんと1日。

三ヶ月もすれば、全身の細胞が入れ替わっている というのだ。

わたしはわたしでありながら

季節を 迎えるたびに 三ヶ月前とは物質的に 違うわたしなのだ。

記憶はあっても 細胞自身は良いも悪いも関係なく、すべて入れ替わる。

その度に わたしはやりたいことまでもが 身体から消えてしまわないよう

日々 続けていこうと 思った。

しかし 想いや創造が 身体を忘れて走らぬよう

いつも 健全で あるように

わたしには また会いたいと思える人や景色がある。

すべての出逢いが 次なる創作意欲をかきたててくれていることは間違いない。

ちっぽけか 壮大か 双子座流星群が近々現れる夜空を眺めた。

思っているよりめまぐるしく 世界は廻っているようだ。

来年は いったい どこで どんな出逢いがあるだろう


師走
 

| comments(0) | - | 00:36 | category: エッセイ:白澤知里, 香川 |
# スポンサーサイト
| - | - | 00:36 | category: - |
コメント
コメントする